【紬の買取】紬が高く売れる口コミで評判の買取業者

【紬の買取】紬が高く売れる口コミで評判の買取業者

着物が好きで日常的に着ているけれど、色や柄が年代的に合わなくなってきたため買い替えるという方が多いようです。生地に張りがあるため畳んでも厚みがあり場所を取る着物ですので、保管場所のことを考えると着る機会がないのであれば思い切って売るのが良いでしょう。

紬の買取で失敗しない為に 高額買取してくれる紬の条件紬を高く売るならどこに売れば良いのか を調べてみましたのでぜひ参考にしてみてください。

紬とは?

紬の着物は普段着の一種です。絹糸になる蚕の繭を真綿状にして、そこから引き出した真綿糸を使った織物の着物です。素朴でカジュアルな着物であるためフォーマルな場で着ることはできませんが、洋服でいえばデニムからスーツまでと幅広いイメージですので、日常的に着ていく場面には事欠きません。そのため、着物入門者が一枚目に購入する着物として、とても人気があります。

紬においては、色の濃淡で濃いめがカジュアルな印象で薄めがフォーマルな印象です。着物の色数は少なく、柄が小さくなるほどフォーマル感が増します。しっかりとした生地なだけに比較的寒い時期に着る機会が多いです。

着物を詳しく知らないという人でも、「紬」という言葉を聞いたことはある人は多いでしょう。紬とは、蚕が作った繭から糸を手作業で紡ぎ、丈夫な糸に仕上げるために撚りをかけてから色で染めるといった工程を踏みます。そのために作業には膨大な時間がかかり、1枚の紬を完成させるには半年以上の月日がかかるとも言われているのです。

高額買取可能なのはどんな紬?

紬の中には、世界的にも有名なものが多く、業者が買い取る際に高額査定となることもあります、ただし、紬すべてが高額査定となるわけではないので、注意が必要です。

まず高値となるポイントは、紬の種類です。大島紬・結城紬・塩沢紬・牛首紬といった種類は、高値で取引される代表的な紬となっています。大島紬や結城紬は、本物の証である証書がついていると、更なる高値が期待できます。

近くに買取業者がない場合は、出張買取の利用がおすすめです。宅配を利用すると、大切な着物の状態が悪くなる可能性もあります。紬のような高級素材は出来れば出張買取のほうが向いているのです。

紬が高く売れる買取業者はここ

このように貴重な紬ですが、古い物や遺品などを、着る機会がないため売りたいという人もいます。着物は質屋やリサイクルショップでも買い取ってくれますが、せっかくの紬ですから適正な価格で売りたいものです。

着物の査定価格は、業者にとって大きく分かれるものです。リサイクルショップなどへの持ち込みは、正当な価値を査定してもらえないことも多いです。

その点、インターネットの着物買取専門店なら、専門家がしっかり査定してくれるので安心です。電話一本で無料で出張査定し、値段が折り合えばその場で現金買取が完了します。もちろんキャンセルも可能です。業者によっては宅配買取にも対応しており、こちらから持ち込む手間もかかりません。ネットの買取専門店は、販路も国内から海外まで広範なので、地元の店舗よりも高い値段で買ってくれる場合もあります。

詳しい買取の流れなどは各社ともホームページに掲載しているので、ひと通りチェックしてみましょう。人気のお店は「バイセル」です。まずは無料査定を利用してみるのがオススメです。

> 口コミで人気の着物買取店はこちら

紬を高く売るコツ

羽織がセットになっている場合は、買取価格が上がる可能性があります。売る前には陰干しで風通しをして折りじわを取り、状態を良くしておくことも買取を高くしてもらうコツの一つでしょう。

また、着物自体にカビやシミがあると、査定にマイナスになってしまうため、保管するときは湿気の少ないところで、ときには風通ししてあげましょう。

最後に

紬とは、もともとは生糸を引き出せないくず繭をつぶして作った紬糸を使用して織った絹織物の名称です。

産地により様々な種類があります。丈夫で、絹織物独特の光沢が無いことが特徴ですが、その点がかえって粋であるとされ、江戸時代頃から富裕な人々に人気を博すようになりました。織るのに手間がかかり優れた技術を必要とするため、代表的な結城紬は国の重要文化財に大島紬は伝統工芸品に指定されています。

現代でも和服の愛好家の間では普段着から外出着、お洒落着まで幅広く着用され、高額で取引されています。

紬を売った後に後悔しないように参考になれば嬉しく思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る