【色留袖の買取相場】こんな着物は高く売れる!高額買取の2つの条件

【色留袖の買取相場】こんな着物は高く売れる!高額買取の2つの条件

フォーマルなシーンなどでも着る機会のある色留袖ですが、新しいものへの買い替えや親族から譲り受けたもののあまり袖を通す機会がなかったりなどの理由で手放すことがあるかもしれません。色留袖は格式が高いので、多少状態が悪くても買取をしてもらえます。

損せずに色留袖を売るために 色留袖の買取相場 や 高く売る方法 をご紹介しています。

色留袖とは?

留袖には2種類あり、「黒留袖」は既婚女性が親族の結婚式などの慶事で着る第一礼装の着物です。一方、地色が黒以外のものを「色留袖」といいます。着物のなかで最も格式の高い留袖は、本来既婚女性の礼装として用いられてきましたが、現在では未婚既婚を問わず着用されており、慶事以外にもフォーマルな装いの訪問着として着用されることも多くなってきています。

色留袖は、既婚女性の第一礼装です。また、留袖には一般的に紋を入れるのですが、色留袖は格の高い順から、五つ紋、三つ紋、一つ紋、無紋、と入れる紋の数を変えることができるため、着用範囲が広く重宝されています。

背中上部に家紋の入る「一つ紋」や、さらに前面の肩下あたりにも家紋が入る「三つ紋」であれば、婚礼以外の祝賀会など訪問着の感覚で黒留袖に比べて幅広く着る機会があります。洋装でいうとイブニングドレスにあたると考えればよいと思います。袖の後ろ側にも家紋の入る「五つ紋」で、重ね着風に見える「付け比翼仕立て」で仕立てられているものが正式なのですが、既婚者が親族の結婚式で着るのは五つ紋が一般的です。

色留袖の買取相場・高額買取の条件は?

色留袖の画像

色留袖の買取相場
一般的な色留袖:1,000円〜20,000円
作家物:30,000円〜50,000円

格式の高い色留袖は高級な生地が使われている高額な着物なので、専門店のプロによる査定なら高い値段をつけてもらえる可能性があります。

また、色留袖なら着る機会も多く、未婚女性も着用することができるなどの理由から買取後も売りやすく、レンタルに活用されるなどの需要が高いため高く買取してくれる傾向にあります。その中でもどのような着物が高く売れるんでしょうか。

保存状態が良いもの

色留袖は、保存状態がよければ着物の中でも高値で買い取りされやすい着物だと言えます。

着物は、長い間押し入れの中で保存されていたりするとシミになってしまったりしますので保存状態には十分気をつけましょう。少しでも高い価格での買取を希望する場合は、一度自宅の着物の保存状態を確認してみると良いかもしれません。

作家物やブランド物

色留袖は有名作家による作品も多く、そういった着物は高額な買取価格が付きやすいです。中には人間国宝級の作家の作品だという色留袖も存在しています。

着物と共によく聞く言葉に「友禅」があります。友禅とは染色の技法の一つです。そのなかでも、京友禅や加賀友禅は広く知られています。京友禅や加賀友禅の色留袖はブランド力も高いため、高額な買取をしてもらえます。また、こういったブランドの色留袖の場合は証紙など着物の価値を証明できるものがあるとより高値で買取をしてもらえます。

しつけ糸がついたままで未使用が証明できるものも高価買取の対象となります。

色留袖を高く売るためにやること

売るお店によって買取価格がかなり違いますので、よく調べて厳選することが肝心です。

色留袖を高く売るなら、着物の専門業者に売りましょう。

買取実績のある着物の専門業者はリサイクルショップやオークションで売るより高く売れます。リサイクルショップでは、せっかくの良い着物にふさわしい値段が付きにくいでしょう。リサイクルショップなどへの持ち込みではきちんとした査定を受けることができないので、せっかく持っていったのに買い取ってもらえない場合すらあります。

着物買取のバイセル

着物の専門業者はいくつかありますが、口コミで人気なのは「バイセル」という買取業者です。

無料で査定してくれるしキャンセル料もかからないので、初めての人も安心して利用できます。高額買取も期待できるので、高く売るならまずはバイセルの無料査定を利用してみましょう。

> 色留袖の無料査定はこちら

最後に

色留袖は嫁入り道具として作られた方が多く、色が似合わなくなったり着る機会がなくなったり、サイズの合う親族に譲る機会もない方が売るというパターンが多いです。家紋が入ってしまっているので使いづらく買い手がなかなかつかないこともあります。

オークションやリサイクルショップではなく、しっかりとした着物専門の買取業者に売るのが一番高く売る方法です。

> 着物買取店の口コミ人気ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る