【訪問着の買取相場】高額で売れる人気の買取先をご紹介!

訪問着を買取に出す際に、満足できる取引を行うには出来るだけたくさんの業者の買取価格を比較する必要があります。実際に比較してみてわかった、訪問着の 買取相場人気のある買取方法 をご紹介しています。自分のライフスタイルに合った方法を選択してみてください。

訪問着とは

訪問着は振袖や色留袖に次ぐ、改まった場で着るにふさわしい格式ある着物です。未婚であれば、振袖も派手すぎることもなく披露宴に着て行けますし、既婚であっても立場に応じて着ることができます。

訪問着は、付け下げに比べ模様の量が多く華やかな柄行であるのが特徴で、着物が嫁入り道具として頻繁に作られていた頃には必ずと言っていいほど仕立てられていた着物です。格式の高い袋帯を合わせればフォーマルな場で着ることができるのはもちろん、選び方とコーディネート次第では観劇や食事会にもふさわしい幅広い用途の着物です。ただし、訪問着は格が高いがゆえに普段のおしゃれ着として着る場面はあまりないでしょう。お茶などの習い事をする人が、初釜といった特別な場で着る姿が近ごろでは一番多くなっています。

そのような理由から、洋装が主流となった現代では着る機会がなかなか無い人や着物を着る習慣のない人が、管理に困って売るようです。もともと生地が高価な着物であるので、色や模様・生地の質感なども実物を確認して購入したいという人が多くなっています。

訪問着の買取相場は?

訪問着と言えはフォーマルなシーンに着用できる着物の中でいわばスーツのような位置づけです。訪問着にも現在のアパレル同様にブランドがあり、有名な作家の作品には希少価値がついているものもあります。

・中古:2,000円〜10,000円程度

・新品:30,000円〜50,000円程度

・久保田一竹・羽田登喜男・由水十九など有名作家の訪問着:20万円程度

訪問着の買取相場は、ノーブランドのもので数千円のものがある一方で、有名作家の作品で20万円を超えるものもあり価格幅がとても広いです。素材によっても変わり、素材がポリエステルや化繊の場合は、もっと価格が低くなるものもあります。

訪問着の高額買取で人気の買取先は?

訪問着を買取に出すにはどこに出すのが良いのか、実際に買取にだしてみた感想を交えてご紹介しています。

ネットオークション

ネットオークションで訪問着を販売することのメリットといえば、販売する側が自由に価格を設定できることです。しかし、自身で着物を採寸しなければならないため、知識と手間は必要になります。また、商品の美しさを引き立てるような写真を撮ることは難しく、訪問着はなかなか落札されにくいのが現状です。

リサイクルショップ

リサイクルショップでの売却は手軽な方法の1つだと言えますが、どんなに高級な着物であってもあくまで古着としての取り扱いになるため、高くとも数百円から千円程度の価格になってしまうようです。お店によって訪問着の買取自体を行っていない場合もあります。

出張買取や宅配買取が人気!

特に近年、出張買取宅配買取を申し込む方が増えています。査定員を自宅に呼ぶ出張買取では、自分で着物を包んで店舗へ持ち込むことなく、目の前で査定状況や対応を確認できます。面倒な手間がかかりませんし、納得すればその場で現金化してもらえるため、人気の方法です。

宅配買取では、「訪問着を売却したいが時間がない」、「他人を家に上げるのは不安」などと感じている方の利用が多いようです。また、この2つの方法での査定を中心に行っている業者では、実店舗の維持費や人件費がかからない分、買取価格が高くなりやすい傾向にあるようです。

このように、訪問着を売るのはネットオークションやリサイクルショップで売るなどいくつか方法はありますが、やはり出張買取や宅配買取している買取専門店で売却するのが最も安心かつ高額買取の期待できるので人気があります。

買取専門店のなかでも特に人気なのは「バイセル」という買取業者です。

着物買取のバイセル

口コミで買取価格が高いと評判は上々です。訪問着を売却するまえにバイセルの無料査定を利用して、どれくらいの価格で売れるのか確認しておくと良いでしょう。

> 訪問着の無料査定はこちらから

高価買取できる訪問着の条件は?

訪問着を高く売る条件としては、有名作家の作品・伝統工芸品、人気・希少性のある柄、保存状態が良いもの、などがあげられます。

有名作家の作家物

まず加賀友禅の由水十久や、一竹辻が花というオリジナル作品を生み出した久保田一竹などのトップクラスの作家のものは、高値が期待できます。伝統工芸品であれば、その産地を証明できる証紙がセットであったほうがよいです。

柄がどんなものあるのかも買取のポイントになっているようで、一般的な価格層の訪問着であっても、時代を選ばない古典柄などは状態がよければ、数万円の買取価格がつくようです。

保存状態

そして最終的には保存状態の良し悪しで、買取価格は変動します。訪問着に限ったことではありませんが、虫食い、シミなどの汚れがなく保存状態が良いものは、高値で買い取ってもらえるでしょう。保存状態がよくなかった場合は、数千円が相場になります。
いずれにしても、着物買取専門の確かな目利きに判断してもらったほうが、正当な価格がつくでしょう。

> 着物買取店の口コミ人気ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る