深川麻衣の口臭が噂に。真相は?性格が良すぎなエピソード!

深川麻衣,水着,画像,かわいい,彼氏,写真集

今やAKBを抜く勢いで人気が急上昇している乃木坂46。

乃木坂の聖母、主要メンバーの深川麻衣さんについてピックアップしてみました。

聖母とまでよばれる彼女。誰が最初にそう呼んだの?

口臭がウワサになっている原因は?

エピソードと一緒にご覧ください!

スポンサードリンク

深川麻衣 プロフィール

深川麻衣,水着,画像,かわいい,彼氏,写真集

深川麻衣(ふかがわまい)

あだ名:まいまい、聖母

生年月日:1991年3月29日

出身地:静岡県磐田市

血液型:O型

身長:162センチ

発売するシングルはすべて初登場1位になり、昨年末には念願だったNHK紅白歌合戦にも出場。

それでもAKBが歌番組でメドレーをするのに対し乃木坂はまだ1曲歌うのみ。

メンバーとしても「歌番組でメドレーをさせていただけるように頑張りたい」とまだまだ伸びる可能性のある乃木坂。

そんな中今年になって、乃木坂の1期生で選抜常連メンバーである「深川麻衣」さんが卒業発表。

卒業は2016年6月となっているようです。

「聖母」と言われるくらい性格が良い!名付けたのは誰?

深川麻衣,水着,画像,かわいい,彼氏,写真集

深川麻衣さんと言えば、優しくほんわかしていてメンバーやファンの間でも

「本気で怒ったところを見たことがない。乃木坂の聖母」

と言われるぐらい、みんなから慕われているお姉さん的な方です。

深川さんはメンバーの川後陽菜さんが芸能活動の為に上京して学校に通うことになったとき、

慣れるまで毎日学校の校門前まで送り迎えをしていた。というエピソードがあります。

 

この川後陽菜はメンバーにイメージであだ名をつけるのが得意で、

衛藤美彩などは目がきらきらしているお姉さんメンバーというだけで「ビー玉ババア」というひどいあだ名をつけられたという過去もありますが、

そんな川後さんが深川麻衣への感謝と愛情を込めて「乃木坂の聖母」と呼んだところから定着したそうです。

深川麻衣,水着,画像,かわいい,彼氏,写真集

他のメンバーも色々なものを借りたりして全然返そうともしないのに、

全く催促も怒ることもしないとか言う、おかしな理由から納得のニックネームだったそうです。笑

口臭がウワサの原因は?

深川麻衣,水着,画像,かわいい,彼氏,写真集

以前から深川麻衣さんの「口臭」という話題を良く見かけますね。

ネットでも検索すれば結構多くヒットするんじゃないかと思いますが、実際には根も葉もないただの噂みたいですね。

一部の人が握手会で心無いことを言ったのが始まり。

それが、メンバーの耳にまで入ってきただけとのことで、事実ではありません!

臭くないし、かわいいし!

絶対、良い匂い!

間違いなし。

 

スポンサードリンク

卒業の理由は?

深川麻衣,水着,画像,かわいい,彼氏,写真集

今年の1月7日に深川さん本人のブログにて卒業が発表されました。

乃木坂グループはAKBと差別化するためにあえて劇場を持たずメディアのみで活躍しているグループですので、

発表の場はブログということになってしまいましたが、ファンはもちろんメンバーにも衝撃が走りました。

本人曰く

「何かきっかけがあった訳ではなく、活動をさせていただいている中でグループを離れることを自然と意識し始めました。一度ゼロになり、新しい一歩を踏み出したいという気持ちが自分の中で強くなっていきました。」

とのこと。

深川麻衣,水着,画像,かわいい,彼氏,写真集

乃木坂の中ではお姉さんメンバーにもなるので、年下のメンバーや後輩の成長を考えての自然な答えだったのかもしれませんね。

正直に言って、グループが結成されて何人かの卒業はありましたけど、

やっぱり卒業が早いメンバーやそんなに活躍できなかったメンバーだと「仕方なさ」というか、ある程度の覚悟はあるもの。

ただ、今回の深川麻衣さんの卒業に関してだけは、相当なロスですね!

イケメン俳優の「結婚ロス」というのが一時期ありましたが、グループアイドルの人気メンバーが卒業すると言うのも大きなロスになると思います。

これが「推し変(応援するメンバーを乗り換える)」や、ファンのロスにつながらなければいいんですけどね!

乃木坂は今年3期生を募集するということになっているようなので「新生乃木坂46」としての活躍に期待したいですね。
齋藤飛鳥が超小顔でカワイイ!ハーフなの?ドラムの腕前は? 
生田絵梨花の大学はどこ?お嬢様なの?ピアノの腕前がスゴイ! 

 

最後までご覧頂きまして、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る