シティーハンターが実写映画化!日本公開はいつ!?キャストは誰!?

日本の人気アニメ「シティーハンター」が実写映画化されることが決まりました。

元々は1985年〜91年にジャンプで連載され、全世界での累計発行部数が5000万部を越えた大ヒット漫画です。

87年にはテレビアニメ版が公開され93年にはジャッキー・チェン主演で香港映画として一度実写映画化されています。

また、実写ドラマとして韓国で「シティーハンター in Seoul」として放送が開始されました。意外と日本では全然実写化されていなかったんですね。

シティーハンターの日本公開日はいつ!?キャストは?

中国での放映は2018年12月以降。日本での公開は未定のようですね。

ジャッキー・チェン主演「ポリス・ストーリー3」の監督スタンリー・トンが制作総指揮。

主演は「アメリカン・ドリーム・イン・チャイナ」や東芝中国のノートパソコンのイメージキャラクターを務めたホアン・シャオミン。

これには漫画「シティーハンター」の著作権を管理するノース・スターズ・ピクチャーズや読売テレビが参画すると言うことです。

スポンサードリンク

続編のあらすじは?ドラマの評判は?

原作・アニメに関しては続編となる「エンジェルハート」があり、パートナーとなる香が事故死してしまっています。その香は心臓のドナー登録をしていて、脳死となった時に他の患者に移植するために抜き取られるのです。

その頃、台湾マフィアのボスの娘で完璧な仕事をこなす暗殺者「シャンイン」が任務を遂行する度に自分の行為に対して疑問を持ち、心が蝕まれてしまい遂には自ら死を選んでしまいます。

しかし組織のボスはシャンインに心臓移植をし、彼女を復活させます。それが移送中に奪われた香の心臓だったのです。香の心臓を移植されたシャンインは無意識の内に香の記憶をたどり、主人公・冴羽りょう(りょうはけものへんに「僚」の右)に会いに行きます。そして香の心と共にりょうのパートナーとしてシティーハンターとなっていきます。

この続編に関しては日本でも実写ドラマ化されていて、りょうが上川隆也、シャンインが三吉彩花となっていますが、少しキャスティングミスのようなきもしないではないですが・・・

りょうのイメージがハードボイルドだけではなくエッチなキャラクターも持ち合わせているので、上川隆也のごくごく」真面目な雰囲気に少し違和感がありましたね。全編を通してドラマとしての完成度は高かったですが。

 

スポンサードリンク

アニメ作品の実写化ってどう?評判は?

日本の人気アニメを実写映画化するのはよくありますが、毎度毎度、公開の度に賛否両論ありますね。その作品が人気であればあるほど「世界観が損なわれる」「アニメとイメージが違う」など。

昔から大人気で新シリーズとして始まった「ヤッターマン」や「宇宙戦艦ヤマト」などもそうですが、例えば「ヤッターマン」では主人公を乗せて走るメカ、ヤッターワンの形や色がいびつすぎて元々のアニメとは似ても似つかないほど気持ちの悪い出来になっていました。

しかしながら、敵のドロンボー一味に関しては、ドロンジョを深田恭子、ボヤッキーを生瀬勝久、トンズラーをケンドーコバヤシが演じ、ヤッターマンの世界観をほぼそのまま演じていました。主人公のガンちゃん、愛ちゃんに関しては櫻井翔、福田沙紀となり賛否ありましたが。

また評判が非常に良くなかったのが「宇宙戦艦ヤマト」

主演の古代進が木村拓哉、アニメで生活班のヒロインとなる森雪が黒木メイサだったのですが、こちらは世界観は完全に無視、キムタクのキャラクターを全面に出してしまったが為に完全にバランスを崩してしまいました。

黒木メイサの森雪も生活班ではなく、戦闘班でエースパイロットとなっていました。このことに対して昔からのファンの怒りは爆発、かなりの批判を浴びました。

そもそも、松本零士作品の女性キャラクターは「銀河鉄道999」のメーテルや「クィーンエメラルダス」そして「宇宙戦艦ヤマト」の森雪など、ファンにとっては絶対的な存在であり、現実世界に再現はほぼ不可能と言われていたので仕方ないですね・・・。

やはり、人気アニメというのは二次元だからいいのであって、ファンそれぞれの中に「実際の人物だったら誰々がいいなぁ〜」というイメージも描いているので、それを押しつけられるとショックを受けてしまい、反発もあるんでしょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る