クリスマスプレゼント【女性が感動した思い出日記。】

クリスマス

年に1度の大イベント。それがクリスマス。渡し方ひとつでもらう人を感動させる。20代の女性が今まで一番感動したもらい方を思い出話として話してもらいました!男性の方は渡し方の参考になるとおもいますよ♪

スポンサードリンク

レストランで

レストラン

今まで一番嬉しかったのはクリスマス前のデートで横浜に連れて行ってもらった時に夜レストランで指輪をプレゼントしてもらったことです。横浜は私にとって大好きな特別な場所なのでそこでデートできたのも嬉しかったですし、そこで指輪を渡してもらえるなんて胸がいっぱいになりました。ずっとペアリングが欲しかったのでとても嬉しくて、今でも大切にしています。

初めてクリスマスを一緒に過ごした時のことは今でもしっかり覚えています。クリスマスイブには、主人は海が見えるレストランを予約してくれて、食事が終わった後に指輪が入った小さなプレゼントを私に差し出したことは、とてもロマンチックな思い出として大切にしています。凝った渡し方や派手な演出などが苦手なので、さりげなくプレゼントを渡される方が嬉しいです。

車内で

車,デート,ドライブ

今までで1番嬉しかったプレゼントのもらい方はクリスマス当日に夜景の有名スポットへドライブに行き、その車内でもらったこと。
食事の後に、見せたいものがあると言われて、どんどん山道を車で登っていきました。正直、どこに連れて行かれるか不安と、期待があり、ドキドキしていました。もう少しと言われて、目をつぶるよう言われ、もういいよ。の合図と共に目を開けると、そこはもう満天の星空と、街中の明かりがとても綺麗に見える、夜景でした。道中のドキドキも重なって、今までで一番感激したのを覚えています。そして、その感激の中、そっと渡されたクリスマスプレゼント。このもらい方が、今までで一番印象に残っていますし、一番感動しました。

今の夫とお付き合いをしているカップルの頃、クリスマスにひざ掛けをプレゼントしてもらいました。ひざ掛けと言っても、数千円程度のものではなくて、3万円程する某有名メーカーのもので、とても暖かいものでした。デート中の車内で、自然にさり気なく「これ、プレゼント!開けてみて!」と手渡してくれた瞬間を今も忘れることが出来ません。今でも大切に使わせて頂いています。

25日の23時57分にもらったプレゼント

時計

今までで一番嬉しかったプレゼントのもらい方は、クリスマスの25日から26日に日付が変更する頃にプレゼントを手渡されたことです。今年のクリスマスも終わりか、と寂しい気持ちになっている時に友人からプレゼントを渡されて、普通に渡された時以上の幸せを感じました。

 

スポンサードリンク

渡す素振りを見せない

今までで一番うれしかったプレゼントのもらい方としては、もらえなさそうな雰囲気だったのに、いきなりプレゼントが目の前に出て来た時、ですね。クリスマス近辺に会えないことがわかっていた当時の男友達(のちの彼氏)、クリスマスに会えないんじゃプレゼントはもらえないかな、と思ってたんですけど、いきなりくれました。期待してなかった分、喜びが大きかったです。サプライズは好きじゃないんですけど、そういう驚きならば歓迎ですね。でも物に関わらず、クリスマスプレゼントはもらえたらうれしいものです。

手紙が一番のプレゼント

手紙
これまでで1番嬉しかったプレゼントのもらい方はというと、幼い頃はよく会っていたけれど大人になるにつれ連絡が無くなり、疎遠になってしまった幼なじみから突然宅配便でプレゼントが届けられたことです。しかも、一生に一度しか経験できないクリスマスプレゼントだったので、いただいたものは今でも大切に使わせていただいています。また、いただいた物ももちろん嬉しかったのですが、同封されていたお手紙にこれからを応援する気持ちや「困った時はいつでも相談に来てくるんだよ。」って、温かい言葉がたくさん綴られていてとても粋なプレゼントでしたし凄く感動した覚えがあります。何よりソっと届けられる手紙が一番嬉しいプレゼントだと思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る