ベイカー茉秋の父はアメリカ人!柔道を始めたきっかけはお姉さん!?

ベイカー茉秋,姉,母,父,昔,筋肉,彼女,祖母

リオ五輪で合理的に勝ち進み、金メダルを獲得したベイカー茉秋選手。

父親がアメリカ人のハーフ?

柔道を始めるきっかけになったチョー意外な習い事とは!?

スポンサードリンク

ベイカー茉秋 プロフィール

ベイカー茉秋,姉,母,父,昔,筋肉,彼女,祖母

生年月日:1994年9月25日

出身地:東京都千代田区

身長:178センチ

体重:90キロ

得意技:大内刈り

学歴:東海大学 在学中

今回のリオオリンピックでも多数のメダルを獲得している柔道、さすが日本のお家芸ですね。

でも金メダルを獲得しつつもちょっと納得できないという意見が世界から寄せられてしまったのが「ベイカー茉秋」選手です。

でも金は金、納得できないと言い出せば他の国の選手も逃げの一手だった」選手なんて結構居ますよね。

練習などでは一本が決まることもあるでしょうが、強豪が集まるオリンピックではなかなかそうもいかないと思います。

決勝の朝には緊張して折らず、夜もしっかりと寝て朝ご飯もしっかりと食べられたとのことですが

実際、直前には「緊張して3回は吐いた」と言っています。

そんなベイカー選手について見ていきたいと思います。

観客からブーイング?

ベイカー茉秋,姉,母,父,昔,筋肉,彼女,祖母

ベイカー選手は今回、決勝までは1本勝ちで進んできたのですが

決勝でジョージアのバルラム・リパルテリアニとの対戦で大内刈りをしかけ有効を取ったあと、

相手の技をかわし続けた結果、残り1分で「消極的だ」とのことで指導を受けるも優勢勝ちで金メダルを獲得することになりました。

これに対して逃げ腰だったこの試合に観客からはブーイングが起きました。

でも本人も納得は出来ていなかったようです。

確かに常にバシッと決まるわけでもないですよね。

かわし続けて何が悪い!って感じですよね!

最後まで素晴らしい柔道でした!

父親はアメリカ人!

ベイカー茉秋,姉,母,父,昔,筋肉,彼女,祖母

ベイカー選手はその名前からもわかると思いますが、父親がアメリカ人で母親が日本人のハーフですね。

ただ、父親に関してはかなり小さな頃に離婚してしまって現在は居ないようです。

残念ながらその後の父親の情報は見当たりませんが、

その後お母さんが女手一人で育ててくれた事に対してベイカー選手は感謝しているとのことです。

 

スポンサードリンク

柔道を始めるきっかけになった、姉の存在。

ベイカー茉秋,姉,母,父,昔,筋肉,彼女,祖母

ベイカー選手の家族構成は母と姉になります、先ほど書きましたが父親は現在居ません。

そして、実はベイカー選手が柔道を始めるきっかけとなったのが姉なんですよ。

子供の頃に彼は姉の影響でピアノを習っていました。

ある時ピアノの先生から姿勢が悪いので矯正する為に柔道を勧められたということです。

そんなきっかけで始めた柔道がまさかここまでに繋がるとはお姉さんもピアノの先生も、そして本人でさえも夢にも思わなかったでしょうね。

ベイカー茉秋,姉,母,父,昔,筋肉,彼女,祖母

こんな強いベイカーさんがピアノなんて弾けたら、ギャップで女の子もイチコロですよね。。

モテるんでしょうね^ ^!

今回の金に関しては周りのブーイングが多かったのですが、

彼なりに勝ちにこだわって試合をしていたんだと思いますね。

「無理矢理最後まで攻め込んで投げられたらバカみたい」とハッキリ言っている事からも

「合理的に」試合をしているといえるのかも知れません。

その辺りが外国の選手と似たような感覚があったのかも知れませんね。
大野将平が事件を乗り越え金メダル!憧れの兄も歓喜!柔道耳がシブい!
内村航平の奥さんがキレイ!馴れ初めは?タバコや偏食の噂を検証!

 

最後まで御覧頂きまして、ありがとうございました。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る